医師紹介|さやなぎ眼科 川西市|眼科

さやなぎ眼科 オアシスタウンキセラ川西2F
★手術 休診:木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日
診療時間
9:00~12:00
13:00~17:00
電話予約・お問い合わせはこちら
電話予約・お問い合わせはこちら 

加齢黄斑変性に対する日帰り硝子体注射/日帰り白内障・硝子体手術/眼科一般診療を行っています

電話予約・お問い合わせはこちら 072-764-7677
Web予約 24時間受付

医師紹介

院長 佐柳 香織

ごあいさつ

院長近影

このたび、兵庫県川西市で「さやなぎ眼科」を開院しました。
佐柳香織と申します。
神戸大学医学部を卒業後は、大阪大学医学部眼科学教室に入局し、同病院網膜外来や基幹病院で研修をしてきました。専門は加齢黄斑変性をはじめとする黄斑疾患、強度近視です。学位(医学博士)は強度近視による眼合併症の研究で取得しました。また、平成19年にアメリカクリーブランドクリニックコール眼研究所に留学した際には約2年間、黄斑疾患に対する光干渉断層計(OCT)の役割について研究しました。
留学後は大阪厚生年金病院眼科(現、JCHO大阪病院眼科)で緑内障診療にも携わりました。
平成25年からは大阪大学医学部附属病院メディカル網膜外来を担当しています。 
最近、外来で「年を取って大学病院まで来られなくなったらどうしよう」と相談されることが増えました。これまで培ってきた経験、知識、技術を生かし、大病院と同じような質の高い医療を身近に感じていただける医院を目指します。どうぞよろしくお願いいたします。

院長 佐柳 香織

略歴

平成13年3月
神戸大学医学部医学科卒業
平成13年4月
大阪大学医学部眼科学教室入局
平成15年4月
大阪船員保険病院眼科
平成16年4月
大阪大学医学部医学研究科入学
平成19年7月
米国クリーブランドクリニック コール眼研究所 Research fellow
平成20年3月
学位(医学博士)取得
平成21年4月
大阪厚生年金病院眼科 医長
平成23年4月
淀川キリスト教病院眼科
平成24年4月
市立豊中病院眼科
平成25年4月
大阪大学医学部眼科 医員
平成26年4月
大阪大学医学部眼科 助教
平成28年4月
大阪大学医学部眼科、宝塚第一病院、あさぎり病院
令和元年11月
さやなぎ眼科開院

資格

  • 医学博士
  • 日本眼科学会眼科専門医
  • PDT認定医

院長執筆論文

  1. Sayanagi K, Hara C, Fukushima Y, et al. Time course of swept-source optical coherence tomography angiography findings after photodynamic therapy and aflibercept in eyes with age-related macular degeneration. Am J Ophthalmol Case Rep. 2019 Jun 1;15:100485.
  2. Sayanagi K, Uematsu S, Hara C, et al. Effect of intravitreal injection of aflibercept or ranibizumab on chorioretinal atrophy in myopic choroidal neovascularization. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2019 Apr;257(4):749-757.
  3. Sayanagi K, Ikuno Y, Uematsu S, Nishida K. Features of the choriocapillaris in myopic maculopathy identified by optical coherence tomography angiography. Br J Ophthalmol. 2017 Nov;101(11):1524-1529.
  4. Sayanagi K, Gomi F, Akiba M, et al. En-face high-penetration optical coherence tomography imaging in polypoidal choroidal vasculopathy. Br J Ophthalmol. 2015 Jan;99(1):29-35.
  5. Sayanagi K, Gomi F, Ikuno Y, Akiba M, Nishida K. Comparison of spectral-domain and high-penetration OCT for observing morphologic changes in age-related macular degeneration and polypoidal choroidal vasculopathy. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2014 Jan;252(1):3-9.
  6. Sayanagi K, Pelayes DE, Kaiser PK, Singh AD. 3D Spectral domain optical coherence tomography findings in choroidal tumors. Eur J Ophthalmol. 2011 May-Jun;21(3):271-5.
  7. Sayanagi K, Morimoto Y, Ikuno Y, Tano Y. Spectral-domain optical coherence tomographic findings in myopic foveoschisis. Retina. 2010 Apr;30(4):623-8.
  8. Sayanagi K, Ikuno Y, Soga K, et al. Choroidal vascular hypofluorescence in indocyanine green angiography of high myopia. Br J Ophthalmol. 2009 Dec;93(12):1687-90.
  9. Sayanagi K, Ikuno Y, Soga K, Wakabayashi T, Tano Y. Outer retinal folds in highly myopic macular hole and retinal detachment. Retin Cases Brief Rep. 2009 Fall;3(4):419-
  10. Sayanagi K, Sharma S, Kaiser PK. Comparison of retinal thickness measurements between three-dimensional and radial scans on spectral-domain optical coherence tomography. Am J Ophthalmol. 2009 Sep;148(3):431-8.
  11. Sayanagi K, Sharma S, Kaiser PK. Spectral-domain optical coherence tomography findings after indocyanine green-assisted vitrectomy for idiopathic macular hole. Retin Cases Brief Rep. 2009 Spring;3(2):109-11.
  12. Sayanagi K, Sharma S, Kaiser PK. Spectral domain optical coherence tomography and fundus autofluorescence findings in pseudoxanthoma elasticum. Ophthalmic Surg Lasers Imaging. 2009 Mar-Apr;40(2):195-7.
  13. Sayanagi K, Sharma S, Yamamoto T, Kaiser PK. Comparison of spectral-domain versus time-domain optical coherence tomography in management of age-related macular degeneration with ranibizumab. Ophthalmology. 2009 May;116(5):947-55.
  14. Sayanagi K, Sharma S, Kaiser PK. Photoreceptor status after antivascular endothelial growth factor therapy in exudative age-related macular degeneration. Br J Ophthalmol. 2009 May;93(5):622-6.
  15. Sayanagi K, Oshima Y, Ikuno Y, Tano Y. Presumed vascular traction-associated recurrence of retinal detachment in patients with myopic macular hole. Ophthalmic Surg Lasers Imaging. 2009 Jan-Feb;40(1):60-4.
  16. Sayanagi K, Ikuno Y, Soga K, Wakabayashi T, Tano Y. Marginal crack after intravitreal bevacizumab for myopic choroidal neovascularization. Acta Ophthalmol. 2009 Jun;87(4):460-3.
  17. Sayanagi K, Ikuno Y, Soga K, Tano Y. Photoreceptor inner and outer segment defects in myopic foveoschisis. Am J Ophthalmol. 2008 May;145(5):902-8.
  18. Sayanagi K, Ikuno Y, Tano Y. Different fundus autofluorescence patterns of retinoschisis and macular hole retinal detachment in high myopia. Am J Ophthalmol. 2007 Aug;144(2):299-301.
  19. Sayanagi K, Ikuno Y, Soga K, Sawa M, Tano Y. Residual indocyanine green fluorescence pattern after vitrectomy with internal limiting membrane peeling in high myopia. Am J Ophthalmol. 2007 Oct;144(4):600-7.
  20. Sayanagi K, Gomi F, Sawa M, Ohji M, Tano Y. Long-term follow-up of polypoidal choroidal vasculopathy after photodynamic therapy with verteporfin. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2007 Oct;245(10):1569-71.
  21. Sayanagi K, Ikuno Y, Soga K, et al. Residual indocyanine green fluorescence pattern after vitrectomy for idiopathic macular hole with internal limiting membrane peeling. Br J Ophthalmol. 2007 Jul;91(7):939-44.
  22. Sayanagi K, Ikuno Y, Tano Y. Tractional internal limiting membrane detachment in highly myopic eyes. Am J Ophthalmol. 2006 Nov;142(5):850-2.
  23. Sayanagi K, Ikuno Y, Tano Y. Spontaneous resolution of retinoschisis and consequent development of retinal detachment in highly myopic eye. Br J Ophthalmol. 2006 May;90(5):652-3.
  24. Sayanagi K, Ikuno Y, Tano Y. Reoperation for persistent myopic foveoschisis after primary vitrectomy. Am J Ophthalmol. 2006 Feb;141(2):414-7.
  25. Sayanagi K, Ikuno Y, Tano Y. Macular hole diameter after vitrectomy for macular hole and retinal detachment. Retina. 2005 Jul-Aug;25(5):608-11.
  26. Sayanagi K, Ikuno Y, Gomi F, Tano Y. Retinal vascular microfolds in highly myopic eyes. Am J Ophthalmol. 2005 Apr;139(4):658-63.
  27. Sayanagi K, Fujikado T, Onodera T, Tano Y. Chediak-Higashi syndrome with progressive visual loss. Jpn J Ophthalmol. 2003 May-Jun;47(3):304-6.

副院長 山本 拓広

ごあいさつ

院長近影

こんにちは。副院長の山本拓広と申します。
手術は私が担当しています。地域の基幹病院にて、これまで、白内障手術3000件、硝子体手術1200件を執刀してきました。2018年度では、白内障手術400件、硝子体手術160件を執刀し、現在も同様のペースで手術を行っています。
眼は非常に繊細な組織ですので、眼に負担をかけない丁寧な手技はもちろんのこと、先々に起こり得るリスクを想定し回避しながら手術することが大切です。白内障手術はよく“簡単な手術”と言われることがありますが、実際には非常に難しいケースも含まれています。通常のケースはうまくいくけれども、難しい眼ではうまくいかないというのでは困ります。
手術の結果が患者さんの今後の人生を左右する、そういう意識を常に持ち、丁寧な手術を心がけています。最近かすんで見えにくい、ものが歪んで見えるなど、見え方に不安のある方はどうぞご相談ください。

副院長 山本 拓広

略歴

  • 大阪大学医学部医学科 卒業(2002年)
  • 大阪大学医学研究科(大学院)卒業
  • 大阪大学医学部附属病院
  • 紀南病院
  • 米国クリーブランドクリニック コール眼研究所
  • 明和病院
  • 国立病院機構 大阪医療センター
  • 大阪府立病院機構 大阪急性期・総合医療センター

専門領域

  • 白内障手術・網膜硝子体手術

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 網膜硝子体学会
  • 眼科手術学会

資格

  • 医学博士
  • 日本眼科学会眼科専門医
  • PDT認定医